ギフトEC「TANP」デザインリニューアルのお知らせ

2020-10-01

2020年10月1日、株式会社Gracia(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 拓泰、以下:当社)は、No1ギフトECサイト『TANP』(※1)のロゴを含むデザインリニューアルを実施することをお知らせします。

デザインリニューアルについて

これまで、TANPのロゴを含めたデザインは「大切なひとときを彩り、人のつながりを豊かにする」という当社のミッションのもと、ギフトや人との繋がりをイメージしたリボンのモチーフを中心に、オレンジをメインカラーとして展開を行って参りました。

この度のデザインリニューアルは、TANPがより多くの方に利用いただきやすく、商品の魅力を引き出すプラットフォームとして成長していくことを目標とし、見直しを行ったものです。デザインがサービスの在り方や表情を形成するものとして重要であることを再度認識し、事業拡大期におけるあらゆる意思決定の礎とするため、この度のデザインリニューアルに着手致しました。

制作の詳細につきましては、下部「デザイナーについて」項目に掲載しておりますデザイナーインタビューでも公開しておりますので、是非ご覧ください。

新サービスロゴについて

デザインリニューアルに伴い、2020年10月1日以降、ギフトEC「TANP」は下記のロゴデザインに変更となります。



新デザインの適用について

1:TANP(WEB・iOS)デザインリニューアル

デザインリニューアルに伴い、TANPサービスにおけるデザインの変更対応を順次行っております。



2:オプションデザインリニューアル

デザインリニューアルに伴い、オリジナルオプションにおけるデザインの変更対応を順次行っております。



10月1日以降デザイン切り替え予定の主要オプションメニュー例

  • オリジナル化粧箱(TANPBOX)
  • オリジナルショッパー(紙袋)
  • オリジナルメッセージカード

注意事項

  • 商品により、選択可能なオプションは異なります。
  • 購入画面にてデザインをご確認の上、ご注文くださいますようお願い致します。
  • 上記以外のオプションにつきましては、順次切り替えを行ってまいります。
  • 従来のデザインは在庫が無くなり次第終了となりますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • 下記の公式WEBサイト、公式iOSアプリからのご注文が対象となります。外部サービスを経由するご注文等に関しましては、順次切り替えを行ってまいります。


公式WEBサイト:https://tanp.jp/
公式iOSアプリ:https://apps.apple.com/jp/app/tanp/id1492555045?mt=8

デザイナーについて

この度のデザインリニューアルにつきましては、業界に限らず多くの実績を持つタカヤ・オオタ氏に主導いただき、制作をお願い致しました。また、プレスリリースではお伝えしきれない制作の背景につきまして、インタビュー記事にて公開しております。こちらも合わせてご参照くださいますと幸いでございます。


株式会社kern(https://kern.inc/) 代表 タカヤ・オオタ 
株式会社Gracia プロダクト部デザイナー 西野 俊輝


[デザイナーインタビュー]
寄り添い、魅力を引き出すロゴデザイン。TANPデザインリニューアルにおける制作について
https://gra-cia.co.jp/service/design_renewal/

■株式会社Graciaについて

2017年6月1日設立。贈りたいものがみつかるギフトプラットフォーム『TANP』を運営。"大切なひとときを彩り、人のつながりを豊かにする"というミッションのもと、いつでも気軽にギフトの購入が可能となるサービスを提供。商品仕入れから受注、ラッピング、発送までのロジスティクス機能を自社内に持ち、最短で即日発送に対応。名入れやブーケ、バルーンの同梱やオリジナル限定ボックスラッピングなど豊富なオプションの選択ができ、特別なシーンをより印象的なものにするための事業を展開。

■株式会社Gracia

所在地:〒141-0022 東京都品川区東五反田2-2-3 五反田ハタビル301
代表取締役CEO 斎藤 拓泰/代表取締役COO 中内 怜
設立日:2017年6月
コーポレートサイト:https://gra-cia.co.jp
本ニュースリリースに関するお問い合わせ先
広報担当:[email protected]
プレスキット:https://gra-cia.co.jp/press-kithttps://gra-cia.co.jp/press-kit

(※1)株式会社日本マーケティングリサーチ機構調べ
(※1)調査概要:2020年2月期インターネット調査

SHARE